食糧人類のネタバレまとめ、無料試し読み

ドSメガネなリーマン(32歳)です。転職を決意し人生の岐路でおろおろしてます。

食糧人類(第5話)のネタバレ!知能を持つ化け物がヤバい

食糧人類 - Starving Anonymous -

第5話 ネタバレ

 

せめて、自分とカズだけでも脱出しようと考えた矢先、

 

「うおおおおおお、伊江ええええええ」

 

いつの間にか、遠く離れた先にいたカズが大きな声で叫んでいました。

 

「コッチ来てみろよ!おーもしれーぞぉぉぉ、伊江ええええ」

 

状況が分かっていないのか、カズは騒ぎ立てていたが、やっと静かにすることができました。

しかし、そんなことも束の間、カズが見つけた場所には、またもやおぞましい空間が広がっていました。

 

何か大きな、物体が整列して浮かんでいます。中を見て回る4人。

 

「えっ?」

 

「・・・どうした?」ナツネが問いかけます。

 

「い・・いや・・・コレ・・・・、ジワーって動いた気がして・・・」

 

「動いたぁ?コレが?」

 

「シッ」

 

山引が何かの気配に気づき、何とか、掃除入れの中に隠れることができました。

 

ゾロゾロと7名ほどの従業員が入ってきます。

硬さを測ったり、掃除をしているようですが、その表情は硬く、神経質に作業しているようです。

 

ピッ

 

ピピッ、ピッ

 

さっきの物体に亀裂が入り、一人の作業員が走り出します。

壁にあるスイッチを押すと、ジリリリリリリとベルがなりだしました。

 

「うわあああっ。か・・・・か・・・孵ったぞぉ」

 

作業員たちは一目散に入り口へと走り出します。

 

ガッッシャアアン

 

入り口は閉ざされ、2人の従業員が取り残されました。

 

ビチャッ

 

顔に何かが、飛んできます。

振り返ると、もう一人の従業員の皮がはがれ、その後ろには巨大なカマキリのような生物がいました。

 

人間が食べられているのを目の当たりにし、恐怖のあまり、もう一人は泣きながら逃げ回ります。

 

「いや・・、あの・・、すみませえええええん」

 

『いや・・、あの・・、すみませえええええん』

 

なぜか怪物は、従業員の声をそのまま返しています。

 

「それ・・・お・・・俺の声じゃないですかぁぁぁ、真似しないでくださいよぉぉぉ」

 

そう泣き叫びながら、男は怪物に喰われていきました。

 

隠れていた伊江たちは、それを息を飲み、ただただ呆然と見ているだけでした。

 

 

食糧人類-Starving Anonymous- 2巻に続く

 

食糧人類-Starving Anonymous-の続きが読める電子書籍サイトはこちら

まんが王国<【お勧め度★★★】

Handyコミック【お勧め度★★】

DMM電子コミック【お勧め度★★】