食糧人類のネタバレまとめ、無料試し読み

ドSメガネなリーマン(32歳)です。転職を決意し人生の岐路でおろおろしてます。

食糧人類(第4話)のネタバレ!

食糧人類 - Starving Anonymous -

第4話 ネタバレ

 

一度、牢屋に閉じ込めた二人を、今度はナツネが力づくで止め、正気のある方に問いかけました。

 

「ここに収容されてる女たちは助かるのか?」

 

「女・・・?ああ・・、アイツらか」

 

「ゆで卵からヒヨコが孵るかよ。運良く、ここを出られても奴らは一生あのままだよ」

 

その言葉を聞き、男を殴るナツネ。

 

「お前なんぞ、一生オナホで終われ」

 

 

今度はまた3人へ別の人物が近づいてくる。

 

「うわ・・・なん・・・だ?この臭い」

 

伊江は臭いに耐えきれない

 

「女?・・ていうか、死んだ赤ん坊を抱いているぞ・・・」

 

山引が気づく。

 

 

「抱いてよ、この子を・・・あなたの子なのよ、抱いて」

 

女は誰かとの思い出話を話しながら、近づいてくる。

 

山引と伊江は、その臭いとまた違った狂気を感じ後ずさりしました。

そんな中、ナツネは醜い女性に近づいていきます。

 

ニコっ

 

「ありがとう。よく頑張って、産んでくれたな」

 

なんと、肩を抱き、キスをするナツネ。

女性は涙を見せます。

 

ボキッ

 

ボキッボキッボキッ

 

そのままナツネは、女性をきつく締め、息を引き取らせました。

目を閉ざし、手を合わせて祈ります。

 

”この・・・ナツネって人はどんな人なんだ?”

 

伊江は、暴力的だったり優しさを見せるナツネに戸惑います。

 

そんな姿を横目に山引はこの施設について推測を始めますが、

 

「そっ・・・そんなことより、今は一刻も早く施設を脱出することを考えましょうよ!!」

 

と、怖さを感じ言い出す伊江。

 

「俺は出ない」

 

「・・・・へ?」

 

「俺には・・・やることがある・・・」

 

「いや・・・でもまずはココを出ないと・・・」

 

「なんでですか?この施設ねぇ・・・面白くて素敵なトコだと思いません?」

 

静かにそういうナツネと、真剣に面白がっている山引。

 

”どうかしてる、この人たち・・・”

 

伊江は、カズと自分だけでも脱出することにしたのです。

 

>>>第5話に続く

 

食糧人類-Starving Anonymous-の続きが読める電子書籍サイトはこちら

まんが王国<【お勧め度★★★】

Handyコミック【お勧め度★★】

DMM電子コミック【お勧め度★★】