読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類のネタバレまとめ、無料試し読み

ドSメガネなリーマン(32歳)です。転職を決意し人生の岐路でおろおろしてます。

食糧人類(第3話)のネタバレ!飼育部屋から脱出と生殖種!!

食糧人類  第3話 のネタバレ

 

作業員の服を手に入れた二人は、伊江をおいて立ち去ろうとし、

一緒に脱出したいと申し出るが、足手まといだと見放されてしまいます。

 

「外・・・どうなってるか知ってるんですか?」

「どうなってるか知らないで出るなんて、無謀すぎませんか?」

 

「あぁ?」

 

座り込み、何かを描いている伊江の元を覗き込むと、

写実的で、正確な、先ほど伊江が落とされる前に見てきた光景が描かれていました。

 

「『瞬間記憶能力』ですか・・・・、初めて見ますが、イヤ・・・実に面白いものですね」

 

「ここまでの道のりを少しでも知ってるのは、僕だけだ。僕抜きで外に出るのは、マップなしでRPGやるようなもんでしょ」

 

 

「伊江・・・とか言ったな。足手まといになるようだったら、置いていくからな」

 

なんとか、認められた伊江。

作業服の中にあったカードを使い、部屋から脱出し、再び扉が閉じそうな瞬間、

なんと伊江は、友人のカズを一緒に連れてきていました。

 

「貴様・・・なんのつもりだ・・・」

 

ナツネがイラつきながら、掴みかかります。

そうして、伊江とナツネがもめていると

 

「オイ」

 

「何やってんだ?こんなトコで」

 

まずい、見つかった。

 

「いや~、どうもこいつらアレが体質に合わなかった様で」

 

「アレぇ?あー・・薬液かぁ」

 

「そう!薬液」

 

「じゃ・・こいつらは処分場行きだな」

 

なんとか、ごまかせた様でした。

声をかけてきた作業員の後には、奴隷の様に鎖をつながれ、手錠に目隠しの裸体の男性が何人もつながれていました。

 

黙って見ていると、声をかけてくる先ほどの作業員。

 

「なんだお前ら、『生殖種』見るの初めてか?」

 

「・・・あ・・はい、そーなんスよ」

 

「よーし、ついでに面白いモン見せてやるよ」

 

 

ついていくと、牢屋にこちらも裸体の女性が、数え切れないほど、閉じ込められていました。

 

「男ーーっ」

 

50歳に見える女性は、実は18歳だという。

子供を産むために、薬で思考力をなくし、催淫剤で24時間発情しっぱなしだと。

 

「がががが」

 

今度は、先ほど連れてこられた男性の様子がおかしくなった。

 

「あれは?」

 

「アレか?アレは生殖種に特別な興奮剤を射ったんだ」

「一回射つと死ぬまで交尾のことしか考えられなくなる」

 

「こんなすげぇ薬ぃ作っちまうんだからよ、『あの方たち』には決して逆らうべからず・・・だよなぁ」

 

あの方たちとは、誰だろうか。そんなことをナツネが考えていると、

山引きはいつの間にかあの興奮剤を手に入れて、

先ほどまで話を聞いていた作業員に薬を射っていました。

 

もう一人の方は、殴って気絶させていたようです。

 

「さあさあ、コッチに。アンタも立って」

 

「仲良くしてね!」

 

そういうと、二人を牢屋へ投げ込んだ。

 

「信じられます?」

 

「ほんのわずかに注射しただけで、我を失うほど制欲が劇的に昂進する薬」

「こんな薬聞いたこともない」

 

「ここの施設を運営してるのは、単独企業とかそんなレベルじゃないかもですねー」

 

>>>食糧人類 4話目に続く

 

食糧人類-Starving Anonymous-の続きが読める電子書籍サイトはこちら

まんが王国<【お勧め度★★★】

Handyコミック【お勧め度★★】

DMM電子コミック【お勧め度★★】